1. HOME
  2. CSR

CSR

当社のCSRに対する考え方

当社は「お客様に安心感を与える最適な環境を維持するために、技術力と人的資源を結集させ、高品質サービスを提供する」という経営理念そのものを社会的責任ととらえております。お客様を不測の事態から守る予防保全の概念を基に、特殊かつ高レベルな環境管理が求められる施設に対して高付加価値のサービスをご提供するとともに、省エネ・省コスト提案にも積極的に取り組むことで、ひいては地球環境負荷の低減に貢献できるものと考えております。

基本的な責任としての取り組み

環境
  • ・環境マネジメントを重視し、ISO14001を認証取得
  • ・各事業所における省エネルギー活動の推進を目的として「省エネルギーコンテスト」を実施
地域
  • ・当社創業50周年記念行事の一環として寄付金を寄贈
  • ・東日本大震災の被災地・被災者支援として寄付金の寄贈及び仮設住宅建設に協力
コンプライアンス
  • ・コンプライアンスに対する意識醸成を目的として当社全支店にて「コンプライアンス研修」を実施

  • ・組織や個人による法令違反や社内規定違反があった場合の速やかな事実認識及び早期改善・解決を目的として「コンプライアンス・ホットライン」を設置

人材
  • ・作業場の「安全パトロール」の実施、「安全衛生大会」の開催や「安全衛生ポスター・標語」の募集・掲示等により安全衛生管理を徹底
  • ・従業員の悩み等に対する相談窓口として「こころの健康サポート室」を設置
  • 福利厚生の充実
  • 公的資格取得の奨励
  • ・OJTを中心とした社員教育による技術力の向上
  • ・技術力の向上及び当社各支店の協調性を高めることを目的として「技術競技会」を実施
お客様
  • ・品質マネジメントを重視し、ISO9001を認証取得
  • ・設備・環境診断に基づく省エネ・環境改善提案を実施し、お客様のニーズに最適&最先端でお応えする
価値創造への取り組み
  • ・特殊施設の管理実績とノウハウを活かし、医薬品製造施設の最適化を追求するバリデーションサポート事業を展開
  • ・アジア全域を経済圏として捉え、海外展開を積極的に推進(2017年10月31日現在:中国、バングラデシュ、シンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム、ミャンマー)
  • ・当社連結子会社の(株)日本空調北陸が富山県内5ヶ所に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を整備し、年間発電量は一般家庭1,455世帯分に相当する726万㎾、二酸化炭素の年間排出削減量は約3,600tを見込む

PAGETOP